FC2ブログ

M男×舐め犬×クンニ

女の子にイジメられることと、舐め犬としてクンニやご奉仕をすることが、3度の飯よりも大好きな〝しょう〟です。そんなM男が女性の為のストレス解消の道具や奴隷となったり、クンニ・足舐め・アナル舐め奉仕・マッサージ等、舐め犬として都内で女性にご奉仕する日々の活動を綴ったブログです。ご連絡は『sho92.m@gmail.com』までよろしくお願いいたします。

化粧部員様のご近所物語

今度の日曜日良ければ会いませんか?」
「マッサージとクンニしてもらいたいです」


メールの送り主様は27歳の化粧部員様。美容師の資格まで持っていられヘアメイクも担当されている
という美のエキスパートです。かたや僕と言えば、ディスカウントストアにて特価で買ったシャンプー・トリートメント・化粧水・ワックスが関の山。服と言えばなけなしのボーナスを握りしめ、おばちゃんのように朝からセールに駆け込みハシゴ…社会人になっても鼻識は大学生の頃から成長していないといった始末です。

そんな僕との接点はもちろんクンニ!クンニとはこんな変態でMな僕でも人様のお役に立てる、素晴らしいコミュニケーションツールなのです!

「立ち仕事だから足がすごく疲れちゃって」
「あんまり舐められたことないんで舐めて欲しいです…」
「じゃぁ職場が●●なんで待ち合わせは●●駅でいいですか?」


●●駅と言えば家から徒歩圏内ではありませんか!しかも僕がよく利用する店舗で働かれているとのこと。まさに、ある意味ご近所さんであります!

そして当日待ち合わせ場所に到着すると…
「何度か見たことあります、よくうちの前を通って
エスカレーターに乗っていますよね」


1300万人の人口を誇る世界有数の大都市Tokyo…しかしながらなんとも世間は狭いです。

「微妙に顔見知りな人だと恥ずかしいですね」
「びっくりしちゃいましたよ」
「この事は内緒でお願いしますね」

そんな会話をしつつ、お腹が空かれたということで居酒屋へ。

お酒を呑み緊張が解れ会話もフレンドリーになり、テンションが上がられた美容部員様。

「ねぇ、この後どうしたい?」
「しょう君が舐めたいなら舐めさせてあげるよ?」
「舐めさせて下さいは?」


美容部員様に「ご奉仕させて下さい」とお願いすると…

「どーしようかな?」
「女の子にご奉仕するのが大好きなんだもんね(笑)」
「私がいいって言うまで止めないならいいよ」


そんな、なかなかM心をくすぐられる会話を交わしホテルへ。

ホテルへ着くと早速お洋服をお脱ぎになられ、鞄の中から何か取り出されます。

「これ使ってマッサージして」

ご自宅からアロマオイルを持参の化粧部員様。オイルをおみ足に丁寧に塗り揉みほぐしていきます。

「あー癒されるね、それくらいの力が一番気持ち良い」
「ねぇ?腰もやってもらっていい?」
「マッサージされてたら濡れてきちゃったかも」
「今度はこっちも気持ち良くして」


アロマオイルを拭き取った後は、Mで変態な僕は美容部員様のアソコへ顔を埋め、大切な所から溢れ出す天然のアロマオイルに癒されながら、今度はお口でマッサージしていきます。

「しょう君上手いって言われるでしょ?」
「お店で顔見たことのある男の子にご奉仕されるのって
なんだか漫画みたいで興奮するかも(笑)」
「はぁ気持ちいいよ、うぅ、あっぁん」


続いて美容部員様が性感帯だと仰っていたクリ様へご奉仕です。クリ様の皮を剥き丁寧に舌で転がすようにご奉仕していきます。

「あぁっいぃ、そこすごい気持ちいい」
「もっと吸って、チロチロして」
「舌の動き止めないで!」
「だぁめっ、いきそう、あっイク」


最後は手で頭を抱え込み、アソコに押し付ける強制クンニの形で絶頂を迎えられました。

1 Comments

はるのり  

すばらしいです

いつもながらお見事ですね。
女性の感じるお姿が目に浮かびます。
時々お尻へのご奉仕でもものすごく感じる女性が居られますが、くすぐったいという方がほとんどです。
クンニも大好きなのですが、ノーマル男さんにお任せしております。

2012/04/21 (Sat) 20:18 | EDIT | REPLY |   

Add your comment