FC2ブログ

M男×舐め犬×クンニ

女の子にイジメられることと、舐め犬としてクンニやご奉仕をすることが、3度の飯よりも大好きな〝しょう〟です。そんなM男が女性の為のストレス解消の道具や奴隷となったり、クンニ・足舐め・アナル舐め奉仕・マッサージ等、舐め犬として都内で女性にご奉仕する日々の活動を綴ったブログです。ご連絡は『sho92.m@gmail.com』までよろしくお願いいたします。

なんてたってアイドル様

「ストレスが溜まってるからマッサージさせたい」
「いっぱい舐めさせるから」
「パンツを口で綺麗にさせるのとか好き」
「言い忘れたけど絶対服従だからね」


世の中、節電ムードで毎日暑くぐったりな今夏。そんな影響を微塵も感じさせることのないSっ気たっぷりなメールに、ドMで変態な僕は先程までのぐったりぶりが嘘のように力がみなぎります!

どんな元気でパワフルな女の子かしらと待ち合わせ場所に向かうと…
完璧なスタイルに透き通るような肌!そして某A○Bもたじたじのアイドルフェイス!クンニ奉仕やM男なんて無縁の世界にいそうなアイドル様が立っておられました

声や喋り方もメールから感じられるような、Sっ気たっぷりな感じではなく可愛らしく上品な振る舞い。こんな変態男が目の前に現れて申し訳なさマックスで、心の中で神様に10回くらい謝りながらホテルへ向かいます!

「脚と腰が疲れてるからマッサージして」

スラッとした美脚、くびれのある腰、色っぽい背中を順番に丁寧にマッサージしていきます。

「上手いね、お店で働いてる人みたい」
「マッサージ下手な人とか嫌いだから良かった」


そんなお褒めの言葉を頂いた後はいよいよご奉仕です!靴下を脱がれたばかりのおみ足を指から一本一本ご奉仕ししていき、足の裏まで全部綺麗にお舐めさせていただいた後は、いよいよアソコへのご奉仕です。

赤地に白の水玉の可愛い下着をお脱がせし、これまた、綺麗なアソコに舌を這わせます。クリとアソコを交互にチロチロと、少しでも舌が止まると…

「やだ!」
「舌止めないで、もっと舐めて!」
とお叱りのお言葉を受けます

ベッドに横たわるアイドル様のアソコに顔を埋め1時間程ご奉仕した後、次は顔面騎乗の体制になりアナルへのご奉仕です。

「もっと奥まで舌いれて」
「もっと、もっと奥まで」


舌が切れそうになるくらい精一杯伸ばします。こんなことに興奮を覚える僕はやっぱり変態だと思いつつ懸命にお舐めします。ソヂテ顔面騎乗の状態のままアソコへのご奉仕に変わります。

ご奉仕の最中にとんでもない快感が僕を襲います!アイドル様の細くて滑らかな指が僕の乳首をゴルゴ13も顔負けのピンポイントで弄んでいるではありませんか!あまりの快感に思わず喘ぎ声が出て、毒キノコを食べたかのように体はくねくねジタバタ、もう快楽の虜です…

「もっと丁寧に舐めて!」
「動かないで、何で言うこと聞けないの?」
「声出さないで、出したらお仕置きだよ」


快楽に飲まれて制御不能な体と舌は言うことをなかなか聞いてはくれません…体が動き声が出るたびにアイドル様の平手打ちと、乳首つねりが待ちうけています。快楽と興奮が入り混じった中、言うことを聞かない舌を懸命に動かしご奉仕に励みます。

ある時は容赦なく顔に覆いかぶさるアイドル様のアソコに窒息寸前まで呼吸を奪われたり。またある時は便器としてお●っこを飲み、その後はトイレットペーパーとして綺麗に舌でお掃除。舐め犬奴隷とご主人様、その立場の差は一目瞭然です。

顔面騎乗の体制からベッドで休めまれる体制に変わりぺろぺろ。ベッドで休めまれる体制から顔面騎乗の体制に変わりぺろぺろ。それを何度も繰り返し約5時間近くお使い頂きました。

「誰が飼い主か徹底的に教えてあげる」

ご奉仕を終え頂いたメールは、これまたM心をくすぐる素敵な文面のアイドル様でした。

0 Comments

Add your comment