FC2ブログ

M男×舐め犬×クンニ

女の子にイジメられることと、舐め犬としてクンニやご奉仕をすることが、3度の飯よりも大好きな〝しょう〟です。そんなM男が女性の為のストレス解消の道具や奴隷となったり、クンニ・足舐め・アナル舐め奉仕・マッサージ等、舐め犬として都内で女性にご奉仕する日々の活動を綴ったブログです。ご連絡は『sho92.m@gmail.com』までよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

How to クンニ

世の中はインターネットの出現と台頭で急速に便利になってきました。

例えば、一昔前は「舐めらたいor舐めさせたい・クンニが好き」だなんていうことは人前では話すことが出来ず、そういった願望を胸の内に秘めたままにしていた女性も大勢いらっしゃったと思います。

しかし、今や「舐め犬 ブログ」とでも検索ワードに打ち込めば、あら不思議両手で数えられないくらいの数の舐め犬さんが表示され、ご自身の好みや嗜好に合わせて選びたい放題という時代になってきました。かく言う僕も女性にご奉仕したい、使われたい、いじめられたい等という不埒な願望をインターネット上に思う存分暴露しては、文明の恩恵を受けている次第でございます。

気が付けば、このブログも開設して5年位経ち10代〜40代、ドSな方かたドMな方。学生さん主婦、お堅い職業から夜の蝶の方やブログ上では書けない方まで、縁合って様々な経歴やバックボーンをお持ちの方とお会いし、クンニやご奉仕をさせていただき、クンニという行為に対して一定の経験を積み、ある程度の理解と技術は身に付けてきたのではないかと自負しております。しかし、この目まぐるしく変わっていく世の中、何事にも常に勉強が必要です。昔使った参考書にもこんなことが書いてありました。

「いいかい。訳せたから読めたんじゃない。読めてるから、必要な場合には訳せるんだ」
「一文一文の正確な理解をおろそかにしたままで、キーセンテンスだのパラグラフリーディングだのと言ったところで、砂上の楼閣に等しい」

そんな参考書で培ったありがたい名言を
「いいかい。イカせられたから気持ち良いじゃない。気持ち良いから、必要な場合にはイカさられるんだ」
「一舐め一舐めの正確な理解をおろそかにしたままで、クンニだのご奉仕だのと言ったところで、自己満足上の自慰行為に等しい」


このように参考書の教えをきっちり解釈し、今後のご奉仕に活かしたいと思う所存であります。(余談ですが、この参考書は僕にはまったく合わず、現在は本棚の微妙なスペースを埋めるのに大活躍しています。)
そんなわけで早速インターネットでクンニのお勉強をすることにします。


クンニの効果的な方法を調べたところ要約すると以下のように記載されています。

唾液で濡らした唇を使って、優しく吸ったり甘噛みしたり。 舌は尖らせたり、広げたりさまざまな動きの変化をつけながら、 舐めたり、つついたり、小刻みに震わせる。
時には歯を使って優しくクリトリスや陰唇を噛まと刺激となり、体がビクンと弾むくらいの気持ちよさを味わえます。

そして最後に上級編。
たっぷり濡れて、女性器が大きく膨らんで、熱く熱くなってきたら口をそっと離して、フーッと息を吹きる。このクンニのワザはここぞというところで行なうのがオススメ。 一度感じだして、全身が熱くなってきた女性の体は、こんなさりげないクンニのテクニックでも、エクスタシーを迎えちゃうくらいの刺激になるのですよ!


ふむふむ、なるほど。ゲームの攻略サイトのようなノリの文章で、最後には感嘆符付きのとっておきの必殺技まで伝授してくれました。息をアソコに吹きかけるのは女性は気持ち良いのでしょうか?これは初耳です。5年も舐め犬ブログを運営していても知らないことはあるものですね。
ということは顔面騎乗がお好きな女性は、顔の上に座った際に呼吸を求めて時折漏れる息がアソコに当たるのが気持ち良かったのでしょうか?人によってそこは違うのでしょうが。

how-2.jpg how-1.jpg how-3.jpg


しかし、割と素朴な疑問です。息吹きかけられ経験者の方がいらっしゃいましたら、その感想を是非教えて頂ければと思います。

- 2 Comments

はや  

あっしょう君復活してる(((o(*゚▽゚*)o)))

2015/10/16 (Fri) 01:17 | EDIT | REPLY |   

しょう  

Re: タイトルなし

> さやさん
またお時間を見つけてブログを書いていきたいと思います^^

2015/10/18 (Sun) 14:08 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。